すべての歯に幸せを届けるデンタル情報・歯科メディアのHA!PPY (ハッピー)です。スマイリー歯科の院長である吉村 佳博氏の監修の元、サイトを運営しております。歯に関するお悩みなども気軽にお問い合わせください。

HA!PPY (ハッピー)

市販されているキシリトールガムで一番効果が期待できるもの

更新日:

キシリトールガム

こんにちは。「南森町スマイリー歯科」「よしむらファミリー歯科」の院長を務める吉村 佳博です。

スーパーやコンビニエンスストアのガムのコーナーを見ると、様々なガムが並んでいます。その中でも、最近は多くの種類のキシリトール入りガムが販売されています。

では、そのガムを選べばいいのか、その判断基準について見てみます。

1、キシリトールとは

キシリトールは北部ヨーロッパの諸国でよく使われています。少し涼しく冷たい感じがしつつ、その後味の切れは早い、という特徴があります。

WHO(世界保健機関)、FAO(国際食料農業機関)が安全性を確認し、日本でも1997年に厚生省(現:厚労省)に認可されました。

なお、xylitolをキシリトールと発音するのは日本人だけで、正式な発音はザァイラトールですので、現地でキシリトールと発音してもまず通じません。

2、キシリトールの特徴

キシリトールにはいくつかの特徴があります。まず、キシリトールは砂糖とほぼ同じ甘味を持っていますが、カロリーが砂糖の3/4で済むので、カロリーオフになります。

次に、むし歯の原因菌がキシリトールを食べても歯を溶かすような酸がつくれないことがあります。そのため、虫歯になる危険性を減らしてくれますが、他の栄養素を元に虫歯ができる可能性もあるので、危険性がゼロになるわけではありません。

3つ目として、キシリトールは歯の再石灰化を促進します。食事をすると、むし歯のいるプラークが酸性になるため、歯のカルシウム等が溶け出します。

これを脱灰といい、初期のむし歯です。キシリトールは、脱灰で失われたミネラルを歯に戻すという唾液の作用や、再石灰化を促進するため、歯を酸によるダメージから回復させる手助けをします。

3、どのようなガムがいいか

まず、目安としてキシリトールの含有率が50%以上のものがいいとされています。

これは、むし歯予防の効果が見られるのが、キシリトール含有率50%以上のガムと言われているためです。

パッケージに記載されている成分表を確認し、計算して判断しましょう。
キシリトール含有率(%) = キシリトール(g)÷ 炭水化物(g)× 100

次に、糖類が0グラムのものを選びましょう。せっかくキシリトールを摂取しても、むし歯菌が大好きな糖類が多く含まれていると、虫歯予防効果も減少してしまいます。

パッケージの成分表で、糖類が含まれているか、その内容と量を確認しておきましょう。甘味料として、ソルビトール、マルチトールなども、キシリトールと似た構造をしていますので、これらはむし歯になりにくいとされています。

3つ目として、酸性成分を含まないガムを選びましょう。酸性であるクエン酸や果汁入りガムは、酸性の度合いによっては、脱灰(歯の表面からミネラル分が溶けだす状態)する可能性が考えられるためです。

4、キシリトールガムをどのように摂取すると効果的か

キシリトールを摂るタイミングはいつでも大丈夫です。中でも食後や食間後が効果的と言われています。

お口の中に残った酸や糖分を唾液で流すために、歯磨きの前に噛むのが効果的です。

5、一番効果の高いキシリトール入りガムはどのようなものか

先ほど述べた内容をもとに見ていきますと、実は、歯科医院で売られているキシリトールガムがお勧めです。

このような歯科医院専売品はドラッグストアやスーパーで販売されているものと同じ商品名でも、キシリトールの成分が異なるため、同じ商品ではありません。

歯科医院専売キシリトールガムは、キシリトール含有率が100%と高いものが多いためです。

むし歯予防としてキシリトールガムを噛む場合は、1日5グラム以上が必要だと言われています。

キシリトール含有率が低いほど、他の糖類などが多くなり、1日に必要な量のキリシトールを摂取するためには、何粒も食べなければなりません。

市販のキリシトールガムは、「1回に2粒を5分噛み、1日7回を目安に、1週間継続すると効果的と言われていますが、1日に14粒となり、市販のキシリトールガム1本を毎日噛んでください、ということになります。

できないわけではありませんが、それだけの量になると、味や食感に飽きてくるでしょう。

一方、歯科医院専売品の場合は、キシリトール含有率が100%のため、1日に4粒ですみます。
朝・昼・夕・就寝前の歯みがき後の4回、そして1回に20分ほど噛むほうが、まだできそうです。

長時間ガムを噛むことで唾液の分泌も活発になり、むし歯予防効果もより高まります。

歯科専用キシリトールガムの場合1日の合計量として5〜10gを、3〜4回以上の回数に分けて摂取すると齲蝕予防効果が期待できます。

また、味が無くなっても5〜15分噛み続けることをお勧めします。

歯科専売品のキシリトール100%のガムは味が持続しないものが多いですが、唾液の分泌を促進させるために、味が無くなっても噛み続けましょう!!

  • 記事の監修

吉村 佳博

「南森町スマイリー歯科」「よしむらファミリー歯科」院長。一般診療から審美・美容まで幅広く歯に関して取り組んでいる。大阪歯科大学を卒業し、大学院では博士課程を修了。JR大阪鉄道病院に就職の後、平成7年6月に「よしむらファミリー歯科」を開院。平成18年5月には「スマイリー歯科」を開院した。

-予防

Copyright© HA!PPY (ハッピー) , 2021 All Rights Reserved.