すべての歯に幸せを届けるデンタル情報・歯科メディアのHA!PPY (ハッピー)です。スマイリー歯科の院長である吉村 佳博氏の監修の元、サイトを運営しております。歯に関するお悩みなども気軽にお問い合わせください。

HA!PPY (ハッピー)

まるで自分の歯のよう!インプラントでしっかり噛める綺麗な歯を

更新日:

まるで自分の歯のよう!インプラントでしっかり噛める綺麗な歯を

「もう一度永久歯の自然さを感じたい…」
「入れ歯の噛み合わせの悪さは我慢しなければならないものなの?」

インプラントのメリットとデメリットとは

人工の歯は違和感がある!

加齢により永久歯が抜けてしまい、入れ歯をしているご高齢の方も多いですが、事故により永久歯を失ってしまう若い方ももちろんいらっしゃいます。

しかし、入れ歯は着け心地が悪く、差し歯やブリッジでは結果的に本来の歯の寿命を縮めてしまうことにもなり、いつ外れるか分からない不安に襲われるものです。

「インプラント」とはご存知でしょうか?健康な歯を削ることなく、噛み心地のよい歯を手に入れられるインプラント治療は、歯を失ってしまうリスクが低い治療として歯科医師からも非常におすすめされています。

こちらの記事もあわせてお読みください。
メタルボンドで手に入れる美しい噛み合わせ!オススメは梅田の歯医者
第二の永久歯として活躍するインプラント!気になる治療法と値段は?

インプラントって?

永久歯が抜けてしまうと、その部分は歯が生えてきません。しかし、歯は食事の際などに無くてはならない大切なものなので、人口の歯を補う必要があります。

これまでは入れ歯や差し歯、そしてブリッジによる治療がほとんどでしたが、最近ではインプラントによる治療が可能で、その特徴からたいへん多くの方に選ばれています。

インプラントは、あごの骨に人口の歯根を埋め込み、人口の歯を装着するという治療法で、入れ歯や差し歯と違って健康な歯を削ることなく、噛み心地のよい歯を手に入れられます。

インプラントのメリット・デメリット

隣り合う歯にかかってしまう負担が大きい入れ歯やブリッジに対して、歯を失った部分に人口歯根を埋め込んでいるインプラントは周囲の歯に影響を与えることはありません。

また、それぞれのあごの骨の形などに合わせた言わばフルオーダーメイドで歯を作製しているので、噛み合わせにも違和感がなく自然で、まるで自分の歯のように噛めるというところが最も喜ばれているポイントです。

入れ歯やブリッジは見た目も良いものとは言えませんが、インプラントであれば美しく自然な印象も与えます。

一方でデメリットもあります。インプラント治療では外科手術を行う必要があるということです。

また、保険適応外なので治療費が高額になってしまう点もデメリットとして挙げられます。

歯医者によってその治療費は異なりますが、相場は30万~50万円と言ったところでしょう。そして入れ歯やブリッジでの治療よりも最も治療期間が長く、トータルで半年~10ヶ月ほどかかってしまいます。

メリット豊富なインプラント治療ですが、やはりデメリットももちろん存在しています。費用や手術については歯医者によっても異なりますので、一度相談をすることをおすすめします。

入れ歯や差し歯と比較してみよう

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリットは何よりも保険で治療が出来ることと、他の歯を削る量が比較的少なく済むことがメリットとして挙げられます。また、保険で治療が出来ますので、費用面もそこまで心配はありません。

しかし、審美面には最も劣るほか、ほとんどの方が違和感を感じてしまいます。さらに入れ歯が自分に合っていなければ違和感だけでなく痛みが生じたりすることも。また、噛み合わせも良くはないため、少なからずストレスがかかってしまうことが多いです。

また、ご高齢の方が使用しているイメージもありますので、永久歯を失ってしまった若い方であれば入れ歯はそもそもイヤだという方も多いですね。

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジや差し歯であれば、若い方でも比較的行っている治療法でしょう。入れ歯に比べて見た目や噛み合わせの違和感は少なく、審美性も高いほか保険での治療がききます。

しかし、このブリッジや差し歯は健康な歯を削る必要がありますし、ブリッジであれば支えとなる歯にも負担をかけてしまいます。

また、お手入れがしずらく、年月が経てばブリッジや差し歯の部分が黄色くなってしまい、定期的に入れ替えをしなければならないという事もあります。

インプラントを長持ちさせるためには

毎日のケアが大切

もちろんインプラントにしても、毎日のケアが必要です。

差し歯の寿命も基本的に20年とされていますが、あくまでも目安であり一般的には10年前後で入れ替えをする方も多くなっています。その点、インプラントは徹底的にお手入れをしていれば、20年以上は余裕でもちます。

また、インプラントは歯周ポケットが深くなり、歯周病にかかりやすくなっている状態なので、日頃のケアを怠っていると歯と同じようにぐらぐらしてしまったり、最悪抜けてしまうなんて事もあります。

毎日の歯磨きからしっかりと行わなければなりませんが、歯磨きだけではケア出来ない細かい箇所もありますので、定期的に歯医者に通ってお掃除をしてもらうことを推奨します。

このように、入れ歯や差し歯、ブリッジよりもメリットが豊富なインプラント治療ですから、もちろんそれなりの費用もかかってしまいます。それでもこれほど選ばれ続けているのは、やはり審美性や安全性の高さが魅力だからでしょう。

インプラント治療は一人ひとりのお口の状態や要望によっても費用に大きな差が出ます。

価格だけを気にして、安価なインプラント治療をしてしまうと質の低いものになってしまうという危険性もありますので、しっかり注意してください。 インプラント治療に大切なのは費用ではなく、どの歯科を選ぶのかです。

大阪で歯のインプラントについてのご相談はスマイリー歯科へ

  • 記事の監修
吉村 佳博

吉村 佳博

「南森町スマイリー歯科」「よしむらファミリー歯科」院長。一般診療から審美・美容まで幅広く歯に関して取り組んでいる。大阪歯科大学を卒業し、大学院では博士課程を修了。JR大阪鉄道病院に就職の後、平成7年6月に「よしむらファミリー歯科」を開院。平成18年5月には「スマイリー歯科」を開院した。

-噛み合わせ

Copyright© HA!PPY (ハッピー) , 2020 All Rights Reserved.