すべての歯に幸せを届けるデンタル情報・歯科メディアのHA!PPY (ハッピー)です。スマイリー歯科の院長である吉村 佳博氏の監修の元、サイトを運営しております。歯に関するお悩みなども気軽にお問い合わせください。

HA!PPY (ハッピー)

治療後も自然な歯でい続けたいあなたにオススメしたい「セラミック」

更新日:

治療後も自然な歯でい続けたいあなたにオススメしたい「セラミック」

「銀歯にしたけど合わないような気が…?」
「やっぱり白い歯の方が良かったかも…?」

治療後の詰め物はどうしますか?

費用だけで選ぶ方は多い

虫歯治療などで歯の詰め物をしてもらう際、そのお手頃な価格から銀歯を選ぶ方も少なくありません。

奥歯を銀歯にしているという方もいらっしゃいますが、案外銀歯は見られているんです。また、金属アレルギーの方であれば銀歯は出来ないというデメリットも挙げられます。

そして少し違和感があるなど、自分に合っていないまま使用を続けていると、虫歯や歯周病はもちろん、口内炎など口内環境の悪化を招いてしまいます。

治療後も自然で、なおかつ健康な歯でい続けたいなら、「セラミック」の詰め物をしませんか?

こちらの記事もあわせてお読みください。
銀歯は臭わない!口臭の原因は銀歯をつけた歯や歯茎にあった
第二の永久歯として活躍するインプラント!気になる治療法と値段は?

治療の2つの方法

インレー
インレーとは、虫歯などが原因で欠けた部分の型を取って詰め物を作る方法です。

この詰め物の素材には、金属系のインレーとレジン・セラミック系のインレーがあり、保険と保険適用外で使用出来る素材も異なります。

クラウン
そしてクラウンとは、虫歯治療などで歯を削った後に被せる人工歯のことを指します。

クラウンは一般的に「詰め物」というよりも「被せ物」や「差し歯」と呼ばれている物で、これにも金属系クラウン、レジン・セラミック系クラウンの2つの種類があり、保険と保険適用外で使用出来る素材が異なります。

インレーかクラウンか、どちらの方法が自分に適しているのかという問いかけに絶対的なものはありませんが、歯科医師は患者の歯の状態と要望を聞いてそれに合った治療法を総合的に判断しています。

強度的に長持ちするのはクラウンの方ですが、患者の要望で最も多いのは「健康な歯をあまり削りたくない」ということなので、インレーでの治療を行う方も多いです。

ここからは、インレー治療について詳しくご紹介していきます。

インレー治療の特徴と費用について

インレー治療の種類

詰め物を作る方法でのインレー治療は、銀歯と金歯、そしてセラミックという3つの種類があります。

銀歯
銀歯は保険適用なので、型をとって装着してもトータルで約2,000円~3,000円前後というお手頃な価格で治療が行えます。

金歯
保険適用外になる金歯は、1本約40,000円前後と比較的高額なものになっています。

金は薄く伸びるので、銀歯よりも歯を削る部分が少なくて済み、歯との間に隙間が出来にくいというメリットがあります。

セラミック
セラミックも保険適用外なので1本約30,000円前後ですが、意外と金歯よりもリーズナブルです。

セラミックは銀歯や金歯と違い白色でツヤがあるもので、錆びたり変色することは全く無く、周囲の歯に自然に馴染みます。

自然で美しい口元を目指すならセラミック

以上でご紹介したインレー治療の3種類のうち、審美面や安全性、さらに治療の手軽さで最も優れているのはセラミックです。

セラミックは一般的に差し歯などで使用されるレジン素材とは違い透明感のある素材なので、天然歯のように自然な白さを出すことが出来ます。

周囲の歯にも違和感なく馴染めるので、銀歯や金歯のように目立ってしまうことはありません。

さらに、セラミックは黄ばみなどの変色がしにくく、白さを長期間持続出来る点もメリットとして挙げられます。

さらに、銀歯は歯の間に隙間が出来ることもあり、虫歯が再発するなんてことも珍しくありません。それに、セラミックは陶器と同じ素材で出来ているので、銀歯や金歯と違い金属アレルギーの心配もありません。

セラミックインレーのデメリット

メリットがたくさんあるセラミックですが、もちろんデメリットもあります。

やはり保険適用外なので総合的に費用が高額になってしまうということが挙げられます。セラミックの詰め物のサイズや歯医者によってもその費用は異なってきますので、しっかり医師と相談して決めていくことが大切です。

また、食いしばりや歯ぎしりのクセのある方の噛み合わせの強さによっては、セラミックと歯の両方が欠けてしまう場合があります。

いくら強度があるとは言っても、強い衝撃や力が加わってしまうと破損の恐れもありますので、注意しておきましょう。

歯は治療するだけでなく美しさも大切

最も求められるのは「自然さ」

歯科医療従事者などは金歯を選ぶ方も多いですが、一般人であればやはり金歯や銀歯は目立ってしまうものになります。

一度その見た目が気になってしまえば、銀歯などの自然ではない歯の色がコンプレックスになり口を開けて笑うのも嫌になるという方もいらっしゃるほどです。

歯や口元というのは、見た目においてそれほど大切な部分になりますので、歯の治療という概念にこだわらず、見た目の美しさにもこだわって頂きたいものです。

これから虫歯治療をする方や、今銀歯や金歯にしている方も、「歯の自然さ」という部分に重点を置いて、この記事を参考にしていただければと思います。

自分の歯に合わない詰め物は虫歯や口内環境が悪化してしまう原因にもなりますし、見た目が気になってしまうという方は心の底から笑うことが出来なくなるかもしれません。

そうなる前に、安全性はもちろん、審美性も高いセラミックの詰め物を選びましょう。

セラミックでの細かな治療方法や費用については歯医者によっても異なりますので、気になるという方は一度歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

大阪で歯のセラミックについてのご相談はスマイリー歯科へ

  • 記事の監修

吉村 佳博

「南森町スマイリー歯科」「よしむらファミリー歯科」院長。一般診療から審美・美容まで幅広く歯に関して取り組んでいる。大阪歯科大学を卒業し、大学院では博士課程を修了。JR大阪鉄道病院に就職の後、平成7年6月に「よしむらファミリー歯科」を開院。平成18年5月には「スマイリー歯科」を開院した。

-銀歯

Copyright© HA!PPY (ハッピー) , 2022 All Rights Reserved.