すべての歯に幸せを届けるデンタル情報・歯科メディアのHA!PPY (ハッピー)です。スマイリー歯科の院長である吉村 佳博氏の監修の元、サイトを運営しております。歯に関するお悩みなども気軽にお問い合わせください。

HA!PPY (ハッピー)

口臭の原因のひとつに銀歯をつけた歯や歯茎も考えられる

更新日:

銀歯からの口臭の原因

こんにちは。「南森町スマイリー歯科」「よしむらファミリー歯科」の院長を務める吉村 佳博です。

「虫歯治療をしてキレイになったはずの銀歯が臭う」

こういったお悩みありませんか?

実は、虫歯の治療で銀歯にされた方で口臭に悩まれている方は意外と多いです。

近年、銀イオンが消臭剤などに使用されているように、銀には消臭の効果があるとされています。なのに、銀歯にしたことで、銀歯から臭いがしていると考えられている方も多いようですが、実はそうではありません。

でも、なぜ銀歯の方が口臭に悩まれているのでしょうか?

今回は、銀歯を入れられた方の口臭の原因や予防、対策についてご説明させていただきます。

こちらの記事もあわせてお読みください。
治療後も自然な歯でい続けたいあなたにオススメしたい「セラミック」
歯周ポケットは歯周病と口臭の原因!改善方法はバス法での歯磨き

銀歯にしていることで発生する口臭の2大原因

銀歯にしている方の口臭は、銀歯そのものから発生しているわけではないことは先述しましたが、その原因は大きく分けて以下の2つです。

  • 銀歯と歯や歯茎の間に入り込んだ食べカス
  • 銀歯の中の虫歯や歯周病の悪化

装着した銀歯と歯や歯茎との間にできた隙間や、歯と歯茎の病気が原因となっていることが多いです。

銀歯と歯や歯茎の間に入り込んだ食べカス

銀歯を入れた直後は歯茎との間に隙間はありませんが、次第に歯茎が痩せてくるなどして隙間ができてきます。

この隙間に入り込んだ食べ物などが歯磨きをしても残ってしまい、歯茎と銀歯の間で腐敗して臭いを出す原因になることがあります。

銀歯の中の虫歯や歯周病の悪化

虫歯や歯周病が悪化すると、その痛みで気づきそうな感じもしますが、銀歯にしている歯はすでに神経を取ってしまっている場合が多く、悪化していても気づかないことがあります。

その虫歯や歯周病が臭いの原因となり、口臭となってしまいます。

この状態で放置していると、歯茎が痩せて銀歯が取れてしまい、歯の根っこだけが残った状態になってしまいます。

歯の根っこが残った状態であれば、また銀歯をつけることはできますが、歯の根っこも取れてしまうと、部分入れ歯などにするしかなくなってしまいます。

このように、銀歯をつけている歯からの臭いを放っておくと、歯の状態が徐々に悪化していく可能性があります。

銀歯でも口臭を予防するには歯の健康を保つために毎日のケアが大切

銀歯をつけていても口臭を予防したい場合にはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

最も簡単な事ですが、毎日の歯磨きが大切です。
ただ何となく磨くのではなく、歯間ブラシやデンタルフロスを使用して丁寧に磨くことが大切です。

銀歯と歯茎の間に隙間を作らないために、歯茎を痩せさせないこと。
もし隙間ができても、その隙間に食べ物を残さないようにケアしていきます。

歯間ブラシやデンタルフロスを使ったことがなかったり、ご自身の歯の磨き方でちゃんと磨けているのか不安、そもそもどのように磨いたら良いのか分からないという方は、歯科衛生士がいる歯科医院などで歯磨き指導を受けることもできます。

口臭に気づいたら歯医者での診察を受けて適切な対策を

口臭を予防するために毎日のケアを行うことはできますが、すでに口臭に悩まれている方はどのようなことを行えば良いのでしょうか?

それにはまず、歯医者での診察を受けることをお勧めします。

銀歯や歯茎などについた汚れや食べカスが原因の口臭の場合、ご自身の毎日のケアで改善できることもあります。

しかし、銀歯と歯や歯茎の間に入り込んだ食べカスは歯医者でのクリーニングでも取れません。

銀歯の中の虫歯や歯周病の悪化が原因により口臭となっている場合は歯医者での治療が必要となる場合がありますので、診察を受けられた方が良いかもしれません。

口臭の2大原因として挙げたものについてはレントゲンでも写らない場合もあり、銀歯を取ってみて初めて分かることですので、まずは歯科医院でご相談ください。

歯医者での診察後は新しい銀歯かセラミックの歯に交換

銀歯を取る場合は、取った後の歯をそのままにはしておけないため、以下のような流れで治療を行っていきます。

  1. 銀歯を取る
  2. 新しく歯型を取る
  3. 歯型から作った銀歯を装着する

歯茎は痩せるなどして、長年つけていた銀歯が合わなくなっている場合が多いため、銀歯を取ると同じ銀歯を装着することはできません。

以前に取った歯型も現在の歯や歯茎の形が変わっている可能性があり、そのまま使えませんので、新しい歯型を取り、その歯型から作った銀歯に交換するという流れになります。

そのため、何回か通院を行うことになりますが、それまで悩んでいた口臭の改善や歯と歯茎の悪化を防ぐことにもつながります。

また、最近では新しく銀歯を作るのではなく、セラミックの歯をつけられる方も増えています。

セラミックの歯は銀歯に比べると費用も高くなりますが、見た目が通常の歯と変わらないため、女性が選択されることが多いです。

食べカスが原因の口臭は食べ物が腐ったような臭いがしますが、そもそも自分自身の臭いはなかなか気づけないものです。他の人の臭いに気づいても言いにくいものだと思います。

毎日のケアをしっかりと行って口臭の原因を作らないようにしていくことが一番です。

ご自身の歯の磨き方や銀歯の状態が気になる方は、歯科医院にご相談されることをお勧めします。

  • 記事の監修
吉村 佳博

吉村 佳博

「南森町スマイリー歯科」「よしむらファミリー歯科」院長。一般診療から審美・美容まで幅広く歯に関して取り組んでいる。大阪歯科大学を卒業し、大学院では博士課程を修了。JR大阪鉄道病院に就職の後、平成7年6月に「よしむらファミリー歯科」を開院。平成18年5月には「スマイリー歯科」を開院した。

-銀歯

Copyright© HA!PPY (ハッピー) , 2020 All Rights Reserved.